保有している不動産を複数売却したときの体験

不動産を売却して住み替えを行いました。

複数の不動産の売却のため各々の得意分野の不動産会社を選ぶ外壁塗装工事のリニューアルで無事にマンション売却ビル内部の設備の不具合を改善しビルも売却不動産を売却して住み替えを行いました。

父から相続した一軒家に家族と住んでいましたが、子供が成長をしてくると手狭に感じるようになりました。庭があってペットを飼ったり家庭菜園をしてみたいという気持ちがあったので、郊外の住宅に住みしたいと考えました。所有している不動産は広くはないものの、駅から徒歩圏内で比較的便利なところにあります。郊外であれば値段は抑えめで広めの一軒家に住み替え出来るのではないかと考えて、不動産会社に相談しました。すぐに現地まで来て査定をしてもらい、売却できる価格を提示してもらいました。想像していたより査定額は低かったのですが、住み替えを考えている物件を十分に購入できる金額でもありました。そこで買い手を見つけてもらうため仲介をお願いしたら、広告などを出してくれたので1ヶ月もかからずに売却できることになりました。住み替え物件もすでに見つけていたので、買い手が見つかるとすぐに売約手続きを行って引っ越しをしました。新しい生活をこんなにスムーズに始められるとは思っていなかったので、満足しています。ライフスタイルに合わせて不動産を手放したり住み替えをすることがこんなに簡単になったので、これからも不動産会社に気軽に相談をしたいと考えています。